「マイナンバー制度」スタートに伴うご案内

平成27年10月5日に「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」(マイナンバー法)が施行され、平成28年1月から「マイナンバー制度」が実施されることになりました。
この「マイナンバー制度」では、「社会保障・税」の行政手続に関しマイナンバー(個人番号)が必要とされておりますのでご案内いたします。

○法定調書について
所得税法および相続税法により100万円を超える死亡共済金をお支払いしたときは、神奈川県民共済から所轄税務署へ支払調書を提出することが義務付けられております。
マイナンバー法により、平成28年1月からこの支払調書に「共済契約者」と「死亡共済金受取人」のマイナンバーを記載することとなりました。

○マイナンバーのご申告について
法令に基づく「支払調書」作成のために、平成28年1月5日以降の「死亡共済金」のご請求に際しましては、共済金請求書等の手続きとともに、所定の「マイナンバー申告書類」によりマイナンバーのご申告を依頼する場合がありますので、ご協力をお願いいたします。