県民共済トップページ > よくあるご質問 > お申込みについて > 共済掛金は生命保険料控除の対象となりますか?

お申込みについて

共済掛金は生命保険料控除の対象となりますか?

本組合の共済制度は、身体の傷害のみに基因して共済金を支払う共済制度を除き、死亡・入院・手術等に基因して共済金・給付金を支払う部分にかかる共済掛金が生命保険料控除の対象となります。
納税者ご本人が共済掛金を支払い、共済金受取人が本人・配偶者(内縁関係にある方は対象となりません)、またはその他の親族である契約が対象となります。
控除対象額は毎年10月頃に共済掛金払込証明書(生命保険料控除用)でお知らせします。

(注)ケガ保障コース、マイファミリー特約は、生命保険料控除の対象となりません。

(注)アクサ生命保険株式会社との組合せ保障である新(New)シルバー(切換)コースおよび入院医療保障Ⅱならびに(New)プラス500は、アクサ生命引受分の共済掛金(保険料)が生命保険料控除の対象となります。控除対象額は毎年10月頃にアクサ生命が発行する生命保険料控除証明書でお知らせします。

(注)平成27年4月1日よりメイン・エース・ミドルコースは、アクサ生命保険株式会社の福祉団体定期保険と本組合の自家共済との「組み合わせ商品」から、全て自家共済による「全額自家共済商品」になりました。これにより、平成27年3月までは、アクサ生命引受部分の福祉団体定期保険の保険料のみが生命保険料控除の対象となっておりましたが、平成27年4月から自家共済掛金が「生命保険料控除」の対象となります。※一部生命保険料控除の対象とならない共済掛金があります。

平成27年4月1日「メイン・エース・ミドルコース」制度改定のご案内