事業の状況

令和元年度 県民共済事業の状況

財務状況 (令和2年3月末現在)

堅実な運営

令和2年3月末時点で、「現金・預金」は280億17百万円、また、「有価証券」残高は192億43百万円、総資産に占める割合は合わせて約81.3%であり、本組合の資産の安全性・流動性は非常に高く、財務の健全性も高い水準にあります。
将来の支払いに備えた「共済契約準備金」は54億17百万円、「法定準備金」「任意積立金」も合計で267億74百万円となり、今後も支払保障資力の充実を図り、財務の健全性の維持に努め、より一層堅実な運営を行ってまいります。

科目 金額
(百万円)
構成比
(%)
資産 現金・預金 28,017 48.2
有価証券 19,243 33.1
固定資産 9,670 16.7
その他資産 1,165 2.0
資産合計 58,095 100.0
科目 金額
(百万円)
構成比
(%)
負債 共済契約準備金
その他負債
5,417
1,711
9.3
3.0
  負債合計 7,128
12.3
純資産 出資金
法定準備金
任意積立金
未処分剰余金等
13,725
13,323
13,451
10,468
23.6
22.9
23.2
18.0
  純資産合計 50,967 87.7
負債・純資産合計 58,095 100.0


収支状況 (平成31年4月~令和2年3月)

安定した収支

令和元年(平成31年)度は、「県民共済かがやき」及び「県民共済生命特約」の契約が増加し、掛金収入が堅調に推移するとともに、資産運用収益を含めた収益合計は215億91百万円となりました。
「収益」から「費用」を差し引いた「剰余金」は83億53百万円となり、71億20百万円を割戻金に充当しました。
また、「法定準備金」や「任意積立金」の内部留保へ7億87百万円を積み立てることができ、将来の安全性を踏まえた安定した収支が実現できました。

科目 金額
(百万円)
構成比
(%)
収益 共済掛金等収入 19,966 92.5
その他事業収入 59 0.3
資産運用収益 1,123 5.2
その他収益 443 2.0
収益合計 21,591 100.0
科目 金額
(百万円)
構成比
(%)
費用 支払共済金
共済事業経費
共済契約準備金等
その他経費
7,985
4,415
439
399
37.0
20.4
2.0
1.8
  費用合計 13,238
61.2
剰余 割戻金
法定準備金
任意積立金
税金等
7,120
402
385
446
33.0
1.9
1.8
2.1
  剰余合計 8,353 38.8
合計 21,591 100.0