県民共済トップページ > 県民共済について > 県民共済の概要・沿革

県民共済の概要・沿革

県民共済の概要

県民共済の基本理念

神奈川県民共済は県民に対し、総合福祉共済として「安心と生きがいを保障する」を基本理念とし、豊かで不安のない社会生活の実現に貢献します。


県民共済の運営理念

組合員に満足される共済制度と福利厚生の提供に努め、信頼される共済を目指すことにより、「県民共済の基本理念」を実現します。

1. 信頼 組合員に安心と生きがいを提供し、健全で安定した運営を目指します。
2. 自律 迅速・適切・丁寧な対応に努め、主体性と責任意識の高い業務を行います。
3. 育成 行動力と創造性が豊かで地域社会に貢献できる人材の育成に努めます。
4. 前進 時代の変化を先取りし、新たな創造と改革に挑戦し続けます。



組合の概要

設立

1973年3月30日

出資金

145億円(2023年3月末)

事業年度

4月1日~翌年3月31日

事業内容

共済事業
組合員の生活の共済を図る事業
県民共済活き生き新こども、県民共済活き生き、県民共済かがやき、県民共済活き生きこども医療特約、県民共済活き生き三大疾病特約、県民共済活き生き女性医療特約、県民共済活き生き入院特約、県民共済生命特約、メイン・エース・ミドルコース、女性医療 活き生き美しく、Newこどもコース、生涯コース、こども入院共済特約、入院共済特約Ⅰ、入院共済特約Ⅱ、マイファミリー特約 等
教育事業
組合員及び組合従業員の組合事業に関する知識の向上を図る事業
みらいホールシネマホール
附帯事業 上記の事業に附帯する事業

主たる事務所

県民共済プラザビル:横浜市中区桜木町1-1-8-2

主な施設

県民共済馬車道ビル:横浜市中区元浜町4-32
湘南プラザ(平塚):平塚市紅谷町3-10

子会社

株式会社 県民共済マネジメントサービス

県民共済の沿革

昭和41年

総合生命共済制度の誕生
神奈川県民のために任意団体を設立し、“総合生命共済”を実施する

  • メイン 500円・1,000円コースでスタート
    月額1,000円の掛金で500万円の保障(交通事故死亡)という“ワイド保障”は全国にさきがけて踏み切ったものとして注目された
昭和46年

創業5周年

  • メイン2,000円コース発売
昭和48年
  • 日本で初めての「県民共済」が神奈川県に誕生
    神奈川県民の福祉厚生事業としてご利用いただけるよう『神奈川県民共済生活協同組合』としての認可を得て、新制度へ全員移行
昭和49年
  • 保養施設 箱根グリーンハイツ完成
昭和51年

創業10周年

昭和58年
  • 県民共済ビル(現 県民共済馬車道ビル)完成
  • シネマホールオープン
  • ミドルコース発売
  • 高齢者コース(現 シルバーコース)発売
昭和62年
  • エース3,000円コース発売
平成3年

創業25周年

  • わかばカード発行
  • マイファミリー特約発売
  • プラス500発売
平成4年
  • 平塚に湘南支所(現 湘南プラザ)オープン
平成8年

創業30周年

  • わかばカード(新デザイン)発行
平成10年
  • 新・入院医療保障(現 入院医療保障Ⅱ)発売
平成11年
  • New こどもコース発売
  • ホームページ開設
平成12年
  • 入院共済特約(現 入院共済特約Ⅰ)発売
  • インフォメーションセンター開設
  • メイン・エース・ミドルコース保障拡大
平成13年
  • 生涯コース発売
  • Newこどもコース保障拡大
  • マイファミリー特約保障拡大
  • わかばカード(新デザイン)発行
平成14年
  • New こどもコース保障拡大
  • 生涯コース保障拡大
平成15年
  • 多目的ホール メルヴェーユ受付開始
  • みらいホール受付開始
  • 安心入院コース発売
  • 入院共済特約Ⅱ発売
平成16年
  • みなとみらい29街区に県民共済プラザビル グランドオープン
  • セミナー・親子講座受付開始
  • メイン・エース・ミドルコース保障拡大
平成17年
  • Newこどもコース保障拡大
  • 入院共済特約Ⅰ・入院共済特約Ⅱ保障拡大
  • 生涯コース保障拡大
  • 女性医療 活き生き美しく発売
  • Newこどもコース保障拡大
  • 女性医療 活き生き美しく保障拡大
平成18年

創業40周年

  • 保養施設 箱根グリーンハイツ リニューアル
  • わかばカード(新デザイン)発行
  • こども入院共済特約発売
  • 女性医療 活き生き美しく保障拡大
  • マイファミリー特約保障拡大
平成19年
  • 女性医療 活き生き美しく保障拡大
平成20年
  • ケガ保障コース発売
平成21年
  • メイン・エース・ミドルコース保障拡大
  • Newこどもコース保障拡大
  • マイファミリー特約保障拡大
  • ギャラリー リニューアル
平成23年
  • 新こども・県民共済活き生き3000・県民共済活き生き1500・こども医療特約・三大疾病特約・女性医療特約発売
  • 安心入院コース保障拡大
  • シルバーII保障拡大
  • Newこどもコース・マイファミリー特約保障拡大
平成24年
  • 県民共済活き生き3000・県民共済活き生き1500保障拡大
  • 多目的ホール メルヴェーユ リニューアル
平成25年
  • シネマホール リニューアル
  • 生命保険料控除、死亡共済金のみなし相続課税の財務省告示
  • 保養施設 箱根グリーンハイツ、多目的ホール メルヴェーユの運営を株式会社県民共済マネジメントサービスへ移管
平成26年
  • 財務省告示による生命保険料控除、死亡共済金のみなし相続課税の適用
平成27年
  • メイン・エース・ミドルコースを「全額自家共済」へ制度改定
  • 県民共済活き生き2000、県民共済活き生き入院特約発売
  • メイン・エース・ミドルコース等から県民共済活き生きへの制度移行
平成28年

創業50周年

平成29年
  • 保養施設 箱根グリーンハイツを全面リニューアル「箱根 緑樹山荘」としてスタート
平成31年
  • 県民共済かがやき4000・2000、県民共済生命特約発売
令和元年
  • インターネット申込み開始
  • 県民共済かがやきに県民共済活き生き三大疾病特約・県民共済活き生き女性医療特約を付加できるよう取扱変更
  • 県民共済わかばアプリのリリース
令和2年
  • 県民共済活き生きから生涯コースへの終期切換え導入
令和3年
  • オンライン共済相談開始
令和5年
  • 箱根 緑樹山荘営業再開
  • 喫茶マーブルリニューアル
令和6年
  • 県民共済かがやき1000 発売