作品紹介 もっと詳しく知りたい かながわ県民共済

12月21日(土)~12月26日(木)、1月6日(月)~1月16日(木)
レナードの朝
AWAKENINGS(1990年/アメリカ/120分)
ニューヨーク映画批評家協会賞最優秀主演男優賞
ナショナル・ボード・オブ・レビュー最優秀主演男優賞


監督 ペニー・マーシャル
出演 ロバート・デ・ニーロ、ロビン・ウィリアムズ
配給 コロンビア・トライ・スター
 
INTRODUCTION
 「レナードの朝」は、実話に基づいた物語である。原作者のオリバー・サックスは、ブロンクスの高名な神経科医。彼は、1969年、脳性障害者たちにパーキンソン氏病用の新薬を試験的に投与し、彼らを苦痛から解放した。
 映画は、サックス医師をモデルにしたドクター・セイヤーと、その患者レナードの病との戦いを中心に、この奇跡のドラマをきめ細やかに再現していく。2人の間に交わされる魂の相克、断ち切ることのできない愛と友情の発露は、見るものの胸を激しく揺さぶるに違いない。
 レナードには、「ゴッドファーザーPART2」「レイジング・ブル」でオスカーを獲得したロバート・デ・ニーロ。ドクター・セイヤーには、「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」でオスカーを獲得したロビン・ウィリアムズ。監督と製作総指揮にあたったのは、「ビッグ」で大ヒットをとばしたハリウッドの才女ペニー・マーシャル。細やかな心理描写と斬新な演出力で全米での評判はすこぶるよい。
STORY
 ニューヨーク、ブロンクスの神経科病院。話すことも動くこともできず、ベッドに寝たきりという重度の障害者レナード・ロウ。30年間も半昏睡状態にあった彼は、勇気ある新任のドクター、セイヤーの努力と誠意によって、奇跡的に“めざめの朝”を迎える。そして、失われた30年間の人生を取り戻そうと、懸命に毎日を生きていこうとする。いつしかセイヤーとの間に芽生えた熱い友情を支えにして―

(c) ,Kanagawa Kenmin Kyosai. All rights reserved.