作品紹介 もっと詳しく知りたい かながわ県民共済

6月26日(土)~7月8日(木)
学校Ⅲ
(1998年/日本/133分)
監督 山田洋次
出演 大竹しのぶ、小林稔待
配給 松竹
 
INTRODUCTION
 「学校Ⅲ」――東京の下町にある技術専門校を舞台に、そこに集まる中高年の人々の再就職へ向けてのドラマが描かれます。中小企業はおろか大会社まで倒産する未曾有の不況の中、新たな職場を求めて技術を身につけようと今日も懸命に勉強しています。
 母として生徒として明るく力強く生きる主人公・紗和子と、彼女を取りまく教室の仲間たちの優しさが、私たちに大きな感動と生きる勇気を与えてくれます。
STORY
 十年程前に過労死で夫を亡くした小島紗和子は、自閉症の一人息子、富美男を女手一つで養っている。零細企業に勤めていたが不況の影響で解雇されてしまった彼女は、再就職に必要な資格を得ようと都立の職業訓練校[技術専門校]に入校する。そこには高齢者教室があり、リストラされたサラリーマン、倒産した町工場の社長、経営に失敗した喫茶店のマスターなど、さまざまな人々が人生の再出発をかけて集まっていた。ボイラー技士の資格を取るための授業は、進むにつれて難しくなり、理数系の苦手な紗和子は落ちこぼれていく不安を覚える。それは紅一点の彼女に限らず、高齢の男達にとっても同じだった。


(c) ,Kanagawa Kenmin Kyosai. All rights reserved.