作品紹介 もっと詳しく知りたい かながわ県民共済

7月10日(土)~7月22日(木)
ウインター・ゲスト
THE WINTER GUEST(1997年/イギリス/110分)
97年シカゴ国際映画祭グランプリ(ゴールド・ヒューゴ賞)
97年ヴェネチア国際映画祭エキュメニカル賞・
ユース賞最優秀外国語映画賞・パシネッティ賞

監督 アラン・リックマン
出演 フィリダ・ロー、エマ・トンプソン
配給 K2エンタテインメント
 
INTRODUCTION
 人は、ひとりでは生きていけない。自分を支えてくれる誰かの愛があり、自分の愛を必要とする誰かがいるからこそ、人は生きていける――。「ウインター・ゲスト」が訴えかけるのは、そんなシンプルな営みの哲学。喪失、老い、未来への不安。生きることの難しさに行き当たり方向を見失って立ちすくむ4組の登場人物たち。やがて彼らは、差し伸べられた手のぬくもりに導かれ、「希望」というささやかな光に向かって歩き始める。この作品は、そうした誰にでも起こり得る人生の機微を、胸に迫る一編のタペストリーに仕立てた珠玉のドラマである。
STORY
 舞台は、2月のスコットランド。その凍てついた海のように、夫を亡くしたフランシスは固く心を閉ざしている。そんな娘に歯がゆさを覚える母。肉体の衰えが隠せない彼女もまた、娘の助けを必要としているのだが、それを素直に言い出せない。すれ違う思いに苛立ちを覚えながら、衝突を繰り返す母と娘。このふたりを中心に展開するドラマは、大人の入り口にさしかかったフランシスの息子と彼に思いを寄せる少女、未来に漠然とした不安を抱えるふたりの少年、老いの恐怖に震えるふたりの老女たちが織り成す触れ合いの模様を交えながら、人間同士のかけがえのない絆をみつめていく。

(c) ,Kanagawa Kenmin Kyosai. All rights reserved.