作品紹介 もっと詳しく知りたい かながわ県民共済

9月4日(土)~9月16日(木)
マルセイユの恋
MARIUS ET JEANNETTE(1996年/フランス/102分)
97年マルセイユ映画祭観客賞
97年リスボン国際映画祭グランプリ
97年ジュネーブ映画祭グランプリ
97年ハイファ映画祭グランプリ
97年ルイ・デリュック賞
98年セザール賞最優秀主演女優賞
98年フランスマスコミ映画大賞 他多数受賞

監督 ロベール・ゲディギャン
出演 アリアンヌ・アスカリッド、ジェラール・メイラン
配給 シネカノン
 
INTRODUCTION
 もう若くない男と女。誰でもひとつやふたつ心に傷を負っているだろう。この映画はマリウスとジャネットが擦り切れそうな日常、そして癒しがたい傷を乗り越えてささやかな幸せを手にするまでの物語。  苦境の続く人生にあって、人が幸せになるための本能の再生。誰にでももう一度、幸福をかみしめ、胸が熱くなる瞬間がある。若い頃を過ぎ人生に傷ついたふたり、女であり男であること、母であり父であること、そして一人の人間であることへの礼賛が優しく繊細に紡がれる大ヒット作。
STORY
 ジャネットは、マルセイユの下町に暮らす女性。娘と息子をもつシングル・マザーで、生計を立てるのが精一杯の生活をしている。マリウスは閉鎖直前のセメント工場の守衛として暮らす、まるで天涯孤独といったような男。 ある日、ジャネットは丘に登り、ペンキ缶を失敬しようとする。そこへライフルを持ったマリウスが現れ、激しい口調でジャネットを追い払う。ジャネットもさんざん捨て台詞を吐いて丘を下ってきたのだが、翌朝玄関のドアを明けてみるとふたつのペンキ缶が・・・。

(c) ,Kanagawa Kenmin Kyosai. All rights reserved.