作品紹介 もっと詳しく知りたい かながわ県民共済

7月22日(土)~8月3日(木)
トゥルーマン・ショー
THE TRUMAN SHOW(1998年/アメリカ/103分)

監督 ピーター・ウィアー
出演 ジム・キャリー、エド・ハリス
配給 UIP
 
STORY
 まるで愛想のかたまりのようなトゥルーマンは、保険会社のセールスマン。いつものようにキオスクで新聞と雑誌を買い、いつものようにオフィスにたどりつく。こうして今日もまたトゥルーマンの一日が始まった。妻のメリルはしっかり者で、彼を心から愛し、時折、訪ねてくる母も初孫の誕生を待ちわびている。もうこれ以上、幸福を追求する必要もないような満ち足りた生活。だが、なぜか、彼には、この町がうららかな刑務所であるかのように感じられる時がある。
 いつものように車に乗り、カーラジオをつけ、会社に向かう。またトゥルーマンの平和な一日が始まろうとしていた。しかし、そんな時、カーラジオの受信が乱れ、妙な電波を傍受した。ん?今の声は何なんだ。そして、彼は、自分がいつもとほんの少しだけ違う行動をとってみると、まわりの様子が落ち着かなくなることを発見する。なんかヘンだ。何かが起こっている。トゥルーマンは、その時、それが決して妄想ではないことを確信していた…
INTRODUCTION
 現代映画史に、突如、すごいやつが現れた!かつてない奇抜な発想と、100%オリジナルなストーリーで、映画「トゥルーマン・ショー」は世界の観客に挑む。ブラックなユーモア、それでいて楽しく、活気にあふれる「トゥルーマン・ショー」は21世紀に近づくにつれ、普通の人たちが抱く希望と不安を反映している。そして、この映画は、どんなシリアス・ドラマよりも奥深い。なぜなら、そこには、人生は誰のものかという、人間にとって永遠の命題が秘められているからだ。人生が、もし自分のものでなかったら。人生の何もかもが、誰かに与えられたものだったとしたら?輝く太陽も、遥かなる海も、にこやかに挨拶を交わす隣人も、友も、父も、母も、家も、庭も、会社も、美しい思い出さえも…

(c) ,Kanagawa Kenmin Kyosai. All rights reserved.