作品紹介 もっと詳しく知りたい かながわ県民共済

10月14日(土)~10月26日(木)
カーラの結婚宣言
THE OTHER SISTER (1999年/アメリカ/129分)

監督 ゲーリー・マーシャル
出演 ジュリエット・ルイス、ダイアン・キートン
配給 ブエナ ビスタ インターナショナル
 
STORY
 カーラ・テイトはもうすぐ24歳。これまで私立の全寮制学校で教育を受けてきた彼女は、軽い知的障害というハンディキャップにもくじけず、自分の可能性を信じて生きてきた。そして、ついに学校を卒業する時が来たのである。夢と希望を胸に抱き家に戻るカーラ。だが、あらゆる事に果敢にチャレンジしようとする彼女の前に立ちはだかったのは、母親のエリザベス。娘を愛するあまりに彼女の自立を阻んでしまう母親と、母親の思いを知りながらもその手から逃れようとする娘…。一人の成熟した女性として、自立と自己実現を求めて歩き始めたカーラは、やがて初めての恋に落ちる。人を愛することの喜び、人に愛されることの喜びを知った彼女は、《結婚》という人生で最も困難な挑戦を決意するのだが…。
INTRODUCTION
 「この映画は、家族が子供の心を受けとめるということをテーマにした特別なラブ・ストーリーです」と語るゲーリー・マーシャル監督は、「プリティ・ウーマン」「プリティ・ブライド」で知られるヒット・メイカーであると同時に、「フォーエバー・フレンズ」のような心を揺さぶる人間ドラマを生み出すハリウッド屈指のストーリー・テラーだ。本作では、さりげない台詞や視線の動きで、それぞれの個性と愛の形を鮮やかに浮かび上がらせていく。人には見えない内面の弱さを抱えた父。自分に対しても他人に対しても厳しすぎる完全主義者の母。同性の恋人との関係を両親に認めてもらいたい長女、苦労知らずの次女、そして、末娘のカーラ。彼女は、一人暮らしをし、職を得て、恋することを望むのだが、その一つ一つが彼女にとっては大いなる困難を伴うチャレンジとなる。それでも、カーラの《不屈の精神》は、家族の反対や様々な挫折を乗り越えていく。テイト家の人々は─そして、観客たちは─カーラのひたむきさに心打たれ、勇気に驚きながら、自分自身の弱さを暴かれていくのである。《社会的常識》という防波堤に守られ、真実の心の声に従うことを恐れている自分の弱さを…。

(c) ,Kanagawa Kenmin Kyosai. All rights reserved.