作品紹介 もっと詳しく知りたい かながわ県民共済

12月8日(土)~12月20日(木)   日韓文化交流 オペラ「春香」上演特別協賛企画
春香伝
CHUNHYANG (2000年/韓国/120分)

監督 イム・グォンテク
出演 イ・ヒョジョン、チョ・スンウ
配給 シネカノン
 
STORY
 李朝時代。南原(ナムウォン)府の代官の長子である李夢龍(イ・モンニョン)は、父の赴任に従って全羅道(チョルラド)で暮らしていた。夢龍は、召使いの房子(パンジャ)を連れて廣寒楼(クァンハルル)に出かけ、林の中で春香(チュニャン)に一目で心を奪われる。二人が身も心も打ち解けるのに時間はかからず、互いに愛し合い、夢のような日々は過ぎていった。しかしその幸福も束の間、すぐに試練が訪れる。夢龍は父の昇進に伴って漢陽(ソウル)へ戻らなければならなくなる。南原に残ることも、都へ春香を連れていくこともままならない夢龍には為すすべもなく、春香は再会を誓いながら涙ながらに夢龍と別れた。
INTRODUCTION
まったく新しい「春香伝」の誕生
 「春香伝」は、韓国の人々の心に永遠に刻み込まれている愛の物語。16歳の美しい娘・春香と貴族の子息・夢龍が身分を越え試練を越えて結ばれるまでを描いた、韓国古典の傑作である。これまで何度も舞台化、映画化が繰り返されてきているが、パンソリ【韓国固有の伝統音楽で、朝鮮半島南西部で主に語り継がれてきた演唱、口誦(こうしょう)芸能】によって全編が歌い継がれる「春香伝」は、本作が初めてである。イム・グォンテク監督は「春香伝」が本来パンソリによって語られ、作り上げられてきた物語であることに改めて着目した。そのため本作では二人の物語と並行して、観客が実際に舞台上のパンソリ「春香歌」を聴くという演出を凝らしている。その演出によってパンソリと映像が伝えるダイナミズム、エモーションが互いに深く結びつき、膨らみ、観る側はこのシンプルなラブストーリーに一気に引き込まれてしまうのだ。まさに伝統に基づきながらも極めて斬新な解釈によって、ここに新しい「春香伝」が誕生した。

(c) ,Kanagawa Kenmin Kyosai. All rights reserved.