作品紹介 もっと詳しく知りたい かながわ県民共済

3月24日(土)~4月5日(木)
ストーリー・オブ・ラブ
THE STORY OF US(1999年/アメリカ/96分)



監督 ロブ・ライナー
出演 ブルース・ウィリス、
ミシェル・ファイファ-、バイ・リン
音楽 エリック・クラプトン、マーク・シェイマン
配給 ワーナー・ブラザース映画
 
STORY
 ベンとケイティーは結婚15年目を迎えようとしている夫婦。ものごとを計画的に実行することが苦手で、‘そのときの気分'を大事にする遊び心いっぱいのベンとすべてのものがあるべき場所にないと我慢できず、どんなささいな疑問にも常にきちんとした答を用意していないと気がすまないケイティー。だからこそ惹かれ合ったふたりなのに、今ではそこが勘にさわってしかたない。二人でいることの意味を見失いかけている夫婦は、ついに試験的に別居に踏み切ることにした。この結婚は修復可能か不可能か?
INTRODUCTION
 監督は「恋人たちの予感」(89)のロブ・ライナー。笑いとシリアスさと感動を交えて結婚を描く。主人公ベンの親友役として本作品には俳優としても出演。主演はブルース・ウィリスとミシェル・ファイファー。セリフの多い映画にもかかわらず観る者を飽きさせず二人のチャーミングな個性が輝く。

タイトルの由来は映画に負けないほどロマンティック
本作品の制作・脚本を手掛けたのはエミー賞5回、ケーブル・エース賞6回、脚本家協会賞3回の受賞暦をもつアラン・ツウァイベルと女優として芸能界をスタートし監督や脚本を手掛けるジェシー・ネルソン。アランは結婚してからずっと、自分の妻に記念日や、誕生日、クリスマスなどの祭日に贈り物をしてきた。すると妻は必ずといっていい程その翌日に贈り物を店に戻してしまう。この贈っては戻される、という奇妙なプレゼント儀式は結婚して10年間絶え間無く続けられた。結婚10年目にアランはこの関係に決着をつけようと決心する。「妻が決して店に返せない贈り物」ということで、アラン自身が物語と挿絵を書き特別に装丁し、妻に本を贈った。そのタイトルこそ「ストーリー・オブ・アス」。その話を聞いたネルソンは、映画の脚本にパーフェクトな題名だとひらめきタイトルに決定!
 
(c) ,Kanagawa Kenmin Kyosai. All rights reserved.