作品紹介 もっと詳しく知りたい かながわ県民共済

特集:アカデミー賞受賞作品を観よう!
6月22日(土)~7月4日(木)
グラディエーター
GLADIATOR(2000年/アメリカ/155分)
アカデミー賞最優秀作品賞・最優秀主演男優賞・
最優秀衣装デザイン賞・最優秀音響賞・最優秀視覚効果賞
ゴールデン・グローブ賞最優秀作品賞・最優秀作曲賞
ナショナル・ボード・オブ・レビュー最優秀助演男優賞
最優秀プロダクション・デザイン・美術監督賞・
全米放送映画批評家協会賞最優秀作品賞 ・最優秀主演男優賞・
最優秀助演男優賞・最優秀撮影賞・
最優秀プロダクション・デザイン賞・最優秀作曲賞、ほか多数


監督 リドリー・スコット
出演 ラッセル・クロウ、ホアキン・フェニックス
配給 UIP
 
INTRODUCTION
 構想5年、総製作費1億ドル─2000年の時を超え、魂を揺さぶる壮大なスペクタクル・ドラマが完成した!20世紀の映画史に残る、そして、次世紀へ語り継がれる話題作、それが「グラディエーター」だ。SFXだけでは決して表現できない、本物の迫力と重量感で圧倒する一大スペクタクル巨編。その信念に貫かれたドラマは、永遠に観る者の記憶に刻まれる。
 圧倒的な臨場感を生む壮絶なバトル・シーンで“闘う男”マキシマスを全身全霊を込めて演じるのは、「L.A.コンフィデンシャル」で、その演技力を高く評価され、今、最も注目されている男優ラッセル・クロウ。生身の人間としての本物の強さを見事に表現し、時代を超越した真のヒーロー像を体現している。マキシマスの地位と家族を奪い、自らの野心を成就させようとするコモドゥスを演じるのは、若くして急逝した俳優リバー・フェニックスの弟であるホアキン・フェニックス。繊細な表情を垣間見せながらも、憎々しげにマキシマスに敵対する新皇帝を個性豊かに演じきっている。
 監督は、「ブレードランナー」「エイリアン」「ブラック・レイン」など、他の監督には表現できない独自の映像世界を常に構築してきたリドリー・スコット。本作は、彼の映画への執念が、画面の隅々にまでしみ込んでいる。
STORY
 偉大なローマ皇帝が世を去り、大ローマ帝国の運命は無慈悲な息子の手に託された。巨大コロシアムでは、民衆を楽しませるため、勇敢なグラディエーターたちが、死を賭けた壮絶な戦いを強いられていた。その中には、若き新皇帝により家族を抹殺され、奴隷の身におとしめられた将軍がいた。彼は、剣を持ち、実力者だけが生き残れるその場所に、ある想いを秘めて立っていた。彼は、闘う。それは、勝敗のためでも、名誉のためでもない。真のグラディエーター(剣闘士)となって、皇帝への復讐を果たすためであった…。

(c) ,Kanagawa Kenmin Kyosai. All rights reserved.