作品紹介 もっと詳しく知りたい かながわ県民共済

9月14日(土)~9月26日(木)
こころの湯
SHOWER/洗澡(99年/中国/92分)
99年トロント国際映画祭国際批評家連盟賞
99年テサロニキ映画祭グランプリ、観客賞
99年サンセバスチャン国際映画祭監督賞、OCIC賞
00年ロッテルダム国際映画祭観客賞


監督 チャン・ヤン
出演 チュウ・シュイ、プー・ツンシン、ジャン・ウー
配給 東京テアトル

 
INTRODUCTION
 隣近所が親戚以上に親しい間柄になっている…そんな中国の下町で生活を営む、人々の暮らし~喜怒哀楽の人生模様をユーモアたっぷりに、そしてちょっぴりセンチメンタルに描いたヒューマン・ドラマ。
 銭湯の主人を演じるのは、NHKドラマ「大地の子」の日本人孤児の養父役で知られるチュウ・シュイ。本作でも、温和だが一本筋の通った父親像を味わい深く演じ、観衆の涙を誘わずにはいられない。
 監督はデビュー作「スパイシー・ラブスープ」を世界中で大ヒットさせ、これまでの中国映画とは肌合いの異なる斬新な作風で、内外から注目を集めているチャン・ヤン。単に古きよき中国をノスタルジックに描くだけではなく、物質的発展をとげる現代中国社会の実像やギャップを、普遍的な物語にまで高める手腕には定評がある。
STORY
 北京の下町で劉(リュウ)が営む銭湯「清水池」は、今日も常連客で大賑い。父の仕事を無心に手伝っているのは、知的障害のある次男・阿明(アミン)。そんなある日、都会で妻と暮らし、会社員として働いていた長男・大明(ターミン)が突然帰郷する。アミンから届いた葉書に描かれた“父の絵”を見て、もしや父が倒れたのではと心配したためだ。だが、元気に働く父の姿を見て安心したターミンは、妻に「数日滞在する」と電話する。
 
(c) ,Kanagawa Kenmin Kyosai. All rights reserved.