作品紹介 もっと詳しく知りたい かながわ県民共済

9月17日(水)~10月6日(月)
たそがれ清兵衛
(2002年/日本/129分)
毎日映画コンクール日本映画大賞、男優主演賞、
女優助演賞、撮影賞ほか
ブルーリボン賞作品賞、助演女優賞
報知映画賞作品賞、監督賞、主演女優賞
日刊スポーツ映画大賞作品賞、監督ほか
監督 山田 洋次
原作 藤沢 周平
主題歌 井上 陽水
出演 真田 広之、宮沢 りえ
配給 松竹
 
INTRODUCTION
 遂に、新しい時代劇がヴェールを脱ぐ。
日本映画界の巨匠・山田洋次監督が初めて挑んだ本格時代劇、それが「たそがれ清兵衛」である。構想に十年以上を費やし、時代考証に一年以上をかけて、山田洋次監督が満を持して挑んだ渾身の一作である。原作は、文庫本の総発行部数が二三〇〇万部を超え、今もなお圧倒的な人気を誇る時代小説の第一人者・藤沢周平。今まで誰も映画化しえなかった藤沢文学の世界が、初めてスクリーンに映し出される。誰かを大切に思う心、目立つことのない本当の勇気や誇りなど、現代の日本人に失われてしまった“心”を描いている。山田洋次と藤沢周平が問いかける“本当の幸せとは何か”というメッセージに、きっと胸に沁み入る感動を覚えるに違いない。
STORY
 時は幕末――。庄内地方の小藩・海坂藩の下級武士・井口清兵衛。妻に先立たれ、二人の幼い娘と老母の世話をするために、御蔵方の勤めが終わるとすぐに帰宅することから“たそがれ清兵衛”とあだ名されていた。ある日、かつて想いをよせていた幼なじみ、朋江の危難を救ったことから剣の腕が藩士の噂になり、上意討ちの討ち手として清兵衛が選ばれる。清兵衛は藩命には逆らえず、朋江への秘めていた想いを打ち明け、意を決して邸に向かう。愛する家族のために、命を賭けた壮絶な戦いが始まった・・・。

 
(c) ,Kanagawa Kenmin Kyosai. All rights reserved.