作品紹介 もっと詳しく知りたい かながわ県民共済

12月24日(水)~1月19日(月)
北京ヴァイオリン
TOGETHER  (2002年/中国/117分)
2002年サン・セバスチャン国際映画祭 最優秀監督賞、主演男優賞

北京ヴァイオリン
監督 チェン・カイコー
出演 タン・ユン、リウ・ペイチー
配給 シネカノン
 
INTRODUCTION
 ハリウッドに進出したチェン・カイコー監督が、舞台を再び中国に戻し、大都会で懸命に生きる父子の絆と、彼らをめぐる市井の人々の心の機微をあたたかく見つめた感動作。現代社会では忘れがちな素朴な優しさと無償の愛を注ぐ父親と、大きな夢に向かってひたむきにがんばる息子の物語は、中国版『リトル・ダンサー』とも言えるだろう。
STORY
 中国東部の豊かに水をたたえた美しい田舎町。13才のチュンは父親リウと二人で慎ましく暮らしている、ヴァイオリンが得意な少年だ。母親を2歳の時に亡くし顔も覚えていなかったが、チュンのヴァイオリンは母の形見だった。チュンのヴァイオリンの腕は町中で評判になっていて、事ある毎に声がかかり、その演奏は人々を癒し、喜ばせていた。食堂で料理人として働くリウはそんな息子が誇らしく、一流のヴァイオリニストにすることを生き甲斐にしていた。リウはコツコツ金を貯め、チュンは毎日練習に励み、いよいよヴァイオリン・コンクールに出場するために北京へ行くことになった。

(c) ,Kanagawa Kenmin Kyosai. All rights reserved.