作品紹介 もっと詳しく知りたい かながわ県民共済

5月12日(水)~5月24日(月)
マーサの幸せレシピ
MOSTLY MARTHA  (2001年/ドイツ/105分)
2002年ドイツ映画賞最優秀女優賞
2002年クレイユ国際女性映画祭最優秀作品賞

マーサの幸せレシピ
監督 サンドラ・ネットルベック
出演 マルティナ・ゲデック、セルジョ・カステリット
配給 東芝エンタテインメント
 
INTRODUCTION
 食べることは、本当は最高に贅沢で、心優しい時間のはずなのに、そんな人間らしい時間が日常からどんどん失われていっている。この映画は一人の女性シェフの視点を通して、現代生活に欠けている愛情や人間らしいコミュニケーションの大切さを描こうとする。仕事の世界では成功しながらも、私生活では他人に素直に心を開けず、うまく愛情を表現できない不器用なヒロイン。そして料理を作ることは得意でも、自分が食べることに関しては無頓着。そんな女性が、ひとりよりも皆で食事を取るほうが楽しいように、愛する人々と一緒に食事をし、共に語らうひと時こそが、最高に幸せな時間であることを実感していく。
STORY
 ドイツにあるしゃれたフランス料理店で女性シェフとして働くマーサは、“絶対味覚”を持ち、一流の腕前を持ちながらも、オーナーからは「街で2番目のシェフ」と呼ばれる。オーナーの言葉の意味を知ろうとせず、相変わらず人との関わりを避けて暮らしていたマーサに、人生の大きな転機がやってくる。事故で他界した姉の8歳の娘、リナを引き取ることになったのだ。ショックで物を食べようとしないリナ。不慣れな子育てに戸惑いながらも、なんとか、リナの笑顔を取り戻そうとするマーサ。そんなマーサとリナは人生を楽しむことを愛するイタリア人シェフ、マリオの姿に感化されていく。今まで見ようともしなかった風景や愛情に気づいたとき、彼女は人生における“幸せのレシピ”を手に入れる・・・。

(c) ,Kanagawa Kenmin Kyosai. All rights reserved.