作品紹介 もっと詳しく知りたい かながわ県民共済

6月23日(水)~7月5日(月)
トゥー・ウィークス・ノーティス
TWO WEEKS NOTICE (2002年/アメリカ/101分)

トゥー・ウィークス・ノーティス
監督 マーク・ローレンス
出演 サンドラ・ブロック、ヒュー・グラント
配給 ワーナー・ブラザース映画
 
INTRODUCTION
 『ノッティングヒルの恋人』『ブリジット・ジョーンズの日記』のヒュー・グラントと、『スピード』『デンジャラス・ビューティ』のサンドラ・ブロックが演じる、世界一ありえなさそうで、でもすべての現代女性が心の中で欲しがっている恋物語。
 「お金なんか関係ない!納得のいく仕事をしたいだけ」そんな信念と正義感に燃える弁護士ルーシーを演じるのはサンドラ・ブロック。ちょっと頼りないが憎めない、キュートなボスを演じるヒュー・グラントは、自分のライフスタイルを持ち、恋愛と仕事のどっちも欲しいという現代の女性たちの新しい理想像なのかもしれない。
ニューヨークを舞台に、2大スターの競演で贈る『トゥー・ウィークス・ノーティス』は、長らく待たれていた、豪華で贅沢なラブストーリー大作。

“TWO WEEKS NOTICE”とは?
アメリカで、退職する際、2週間前にそれを会社に告知する慣習のこと。
STORY
 理想家肌の「できる女」ルーシーは、ひょんなことから、不動産会社の御曹司にして広告塔、ハンサムだが軽薄なジョージの下で働くことになる。半年もたたないうちにルーシーは、優柔不断で流されやすい性格のジョージのネクタイ選びから離婚訴訟調停まで面倒を見るはめに――。
「こんなことをやるためにこの会社にいるんじゃない!」とキレたルーシーは2週間後に辞めると宣言。やがて後任の女性弁護士が採用される。ジョージに対して野心たっぷりのセクシーな彼女を見ていると、なぜか心がざわつくルーシー。一方ジョージも、自分のもとを去るルーシーに、これまで感じたことのない感情を味わっていた・・・・・・。

(c) ,Kanagawa Kenmin Kyosai. All rights reserved.