作品紹介 もっと詳しく知りたい かながわ県民共済

8月11日(水)~8月23日(月)
飛ぶ教室
DAS FLIEGENDE KLASSENZIMMER  (2003年/ドイツ/114分)

飛ぶ教室
監督 トミー・ヴィガント
出演 ウルリヒ・ノエテン、セバスチャン・コッホ
配給 メディア・スーツ
 
INTRODUCTION
 ドイツの国民的作家エーリヒ・ケストナーの最高傑作「飛ぶ教室」がついに映画化!
全世界30カ国以上で出版され、親から子へと70年の時を超えて読み継がれてきた永遠のベストセラー。日本では児童文学の巨匠として有名なケストナーは、ドイツの芸術の町ドレスデンに生まれ、第二次世界大戦中は持ち前の反骨精神でナチスに抵抗した文化人の一人として活躍したり、若き映画監督ビリー・ワイルダー(オードリー・ヘップバーン主演の『麗しのサブリナ』『昼下がりの情事』)と共にシナリオを執筆した。
STORY
 転校生ヨナタンを中心に寄宿舎(ギムナジウム)生活を送る個性あふれる5人の仲間が、偶然隠れ家で見つけた古い芝居の台本“飛ぶ教室”をクリスマスの校内発表劇の為に、ラップやダンスでリメイクし、ミュージカルとして上演するまでを描いた物語。
通学生グループとの雪合戦によるケンカや、夜の寄宿舎での枕投げ、女の子との淡い恋模様など、子ども時代に誰もが一度は経験したに違いない懐かしい場面は、まさにあの「ハリー・ポッター」の世界そのもの。学校の規則より友情がなによりも尊いというケストナーのメッセージは、人を愛することの大切さを、今、私たちに温かく伝えてくれる。

(c) ,Kanagawa Kenmin Kyosai. All rights reserved.