作品紹介 もっと詳しく知りたい かながわ県民共済

7月13日(水)~7月25日(月)
山猫
Il Gattopardo (63年/伊・仏/187分)
第16回カンヌ国際映画祭グランプリ
山猫
監督 ルキーノ・ヴィスコンティ
出演 バート・ランカスター、アラン・ドロン
配給 クレストインターナショナル
 
INTRODUCTION
 第16回カンヌ国際映画祭でグランプリに輝き、今も色褪せることなく映画史に燦然と輝く巨匠ルキーノ・ヴィスコンティの『山猫』。これは、ヴィスコンティが唯一自身を語った意味でも代表作中の代表作であり、フランシス・フォード・コッポラ、ベルナルド・ベルトルッチ、マーティン・スコセッシ、マイケル・チミノら巨匠を初めとする多くの後進に大きな影響を与えた傑作だ。ヴィスコンティという貴族文化の洗練から生まれた唯一無二の才能のみが創り得た、もう二度と創ることのできない華麗なる一大叙事詩。イタリアの至宝、映像の世界遺産とでも言うべきその作品が国家予算で復元され、“イタリア語・完全復元版”として甦った。
STORY
 1860年5月、統一戦争に揺れるイタリア。祖国統一と腐敗した貴族支配からの解放を叫ぶガリバルディと彼の率いる赤シャツ隊がシチリア島にも上陸。歴史は大きく動き始めた。シチリアを数十代に渡って統治してきた山猫の紋章の名門サリーナ公爵家にも「ガリバルディ上陸」の報は程なく届けられた。家族はうろたえるが、精神的にも肉体的にも堂々たる風格を漂わせる男、当主ドン・ファブリツィオ サリーナ公爵は全く動じない。治安は不安定を極めたが、サリーナは例年通り、一家を率いて避暑のためにドンナフガータ村の別荘へ出発する…。

(c) ,Kanagawa Kenmin Kyosai. All rights reserved.