作品紹介 もっと詳しく知りたい かながわ県民共済

7月27日(水)~8月8日(月)
隠し剣 鬼の爪
(04年/日本/131分)
報知映画賞主演女優賞
毎日映画コンクール女優助演賞
監督 山田洋次
出演 永瀬正敏、松たか子
配給 松竹株式会社
 
INTRODUCTION
 市井に生きる人々の葛藤と哀歓、そして郷愁を誘う美しい自然を描く藤沢周平の原作は、剣豪小説でありながら既存のものとは全く違う世界を作り上げた。「隠し剣」シリーズの中の「隠し剣鬼ノ爪」と、男女の密やかな愛を描いた「雪明かり」。二つの短編に流れる、藤沢周平の精神を守り、大胆に脚本化した新作『隠し剣 鬼の爪』。300年も続いた専制政治が崩れようとしている不安な時代に、己の生き方とたった一つの愛を、もがきながらも貫き通そうとする主人公の姿は、まさに混迷した現代に生きる私たちと重なり、観る者の心にいつまでも消えない感動を刻みつける。
STORY
 時は幕末。東北の小藩である海坂藩の平侍、片桐宗蔵は、母の生前に奉公に来ていた百姓の娘きえと、3年ぶりに町で偶然再会する。宗蔵は、伊勢屋という大きな油問屋に嫁いで幸せに暮らしているとばかり思っていたきえの、痩せて寂しげな姿に胸を痛める。それから数ヵ月後、きえが病で伏せっていると聞いた宗蔵は伊勢屋に乗り込み、強引にきえを連れ帰る。平侍で宗蔵の貧しい暮らしが、回復したきえの笑顔で明るい毎日に戻った時、藩を揺るがす大事件が起きる。海坂藩江戸屋敷で謀反が発覚したのだ。首謀者の一人である狭間弥市郎と宗蔵は、かつて藩の剣術指南役だった戸田寛斎の門下生だった。戸田はなぜか、一番腕の立つ弥市郎ではなく、宗蔵に秘剣“鬼の爪”を伝授していた。まもなく弥市郎は脱走、宗蔵は家老から弥市郎を斬るように命じられるのだが……。

(c) ,Kanagawa Kenmin Kyosai. All rights reserved.