作品紹介 もっと詳しく知りたい かながわ県民共済

12月14日(水)~12月26日(月)
天井棧敷の人々
LES ENFANTS DU PAPADIS  (1945年/仏/195分)
1946年ヴェネツィア国際映画祭 特別賞
1979年 セザール賞 特別名誉賞
天井棧敷の人々
監督 マルセル・カルネ
出演 アルレッティ、ジャン=ルイ・バロー
配給 ザジフィルムズ
 
INTRODUCTION
 1979年にフランス映画芸術アカデミーがフランスの映画人2000人の投票による「トーキー以後のフランス映画ベスト・テン」を発表し、「天井棧敷の人々」がベスト・ワンに選出された。「作られた時点から35年(1979年当時)をへた今日でもしわ一つない若々しい映画」(ル・モンド誌)として、あらためてこのフランス映画史上屈指の名作に対する評価が再確認されたのである。企画から完成まで費された年月がまる2年―しかも第2次大戦の後半、ナチ占領下で作られたことを考えれば、これは、まちがいなく、フランス映画史上、空前絶後の超大作である。
STORY
 “犯罪大通り”の異名をとる、寄席や見世物小屋や小さな劇場が軒を並べたブールヴァール・デュ・タンブル―そこに人生の夢を求めて集まった幾人かの人物をめぐって展開される愛と憎しみ、喜怒哀楽の流転のドラマであり、恋あり、芸道の悩みあり、そして、実在の人物と虚構の人物をからみ合わせ、パントマイムとせりふ劇、悲劇を対照させた。人生が芝居か、芝居が人生かといったロマンチックな波瀾万丈の一大人生劇場である。

(c) ,Kanagawa Kenmin Kyosai. All rights reserved.