作品紹介 もっと詳しく知りたい かながわ県民共済

1月18日(水)~1月30日(月)
オペラ座の怪人
The Phantom Of The Opera (2004年/アメリカ/143分)

クイール
監督 ジョエル・シュマッカー
原作 ガストン・ルルー
出演 ジェラルド・バトラー、エミー・ロッサム、パトリック・ウィルソン
配給 ギャガ・ヒューマックス
 
INTRODUCTION
  世界中を虜にした哀しい愛の物語。究極のラブストーリーが、最高のスクリーンに甦る。映画ならではのスケールで迫る感動と興奮。ミュージカルの最高傑作がスクリーンに新たな伝説を刻む。刺激と絢爛、情熱の時代であった19世紀パリ。その息吹を余すところなく伝える豪華な衣装と装置の数々。主演3人、吹き替えなしの圧倒的な歌唱力、大迫力のフルオーケストラ。誰もが耳にしたことのある甘美なメロディ、戦慄のテーマが、贅沢なサウンドで迫ってくる。全世界が待ち望んでいた夢が、ロイド=ウェバー自身のプロデュースによって、ここに完璧な形で実現した。
STORY
 オペラ「ハンニバル」のリハーサル中、プリマドンナのカルロッタの頭上に背景幕が落下した。腹を立てたカルロッタは役を降板。代役を務めたのはバレエダンサーのクリスティーヌだった。喝采を浴びた彼女は幼馴染みのラウルと再会。だが、その喜びも束の間、仮面をかぶった謎の怪人・ファントムにオペラ座の地下深くへと連れ去られてしまう。「勝利のドン・ファン」初日、ファントムは主役になりかわり、クリスティーヌとデュエットする。舞台で仮面をはぎ取られたファントムはシャンデリアを客席に突き落として再びクリスティーヌをさらう。消えた二人を探すラウルは、やっとの思いで地下の隠れ家にたどり着く。そこには3人の運命が待っていたー。

(c) ,Kanagawa Kenmin Kyosai. All rights reserved.