作品紹介 もっと詳しく知りたい かながわ県民共済

8月29日(水)~9月10日(月)
手紙
(2006年/日本/121分)
 
手紙
c2006 『手紙』製作委員会
監督 生野 慈朗
出演 山田 孝之、玉山 鉄二、沢尻 エリカ
配給 ギャガ・コミュニケーションズ
 
INTRODUCTION

 直木賞作家・東野圭吾の涙のロングセラー最高のスタッフと豪華キャストで堂々映画化!原作は、毎日新聞日曜版で連載され、大反響を呼んだ渾身の社会派小説。著者が「罪を犯すとはどういうことか、刑罰とは何なのか、真の更正とは-そんなことを考えながら書きました」と語る本作は、多彩なライブラリを誇る東野作品のなかでも常にファン投票のベスト5にランクインしてきた感動の人間ドラマである。

STORY

 川崎のリサイクル工場への送迎バス。最後部座席に、野球帽を目深に被った青年の姿がある。直貴、20歳。誰とも打ち解けない、暗い目をしたこの青年には、人目を避ける理由があった。兄・剛志が、直貴を大学にやるための学費欲しさに盗みに入った邸宅で、誤って人を殺してしまったのだ。数度にわたる引越しと転職。兄貴がいる限り、俺の人生はハズレ。自暴自棄になる直貴を日の当たる場所へと自分を引きずり出してきた由美子。しかし、そのささやかな幸せが再び脅かされるようになった時、直貴は決意する。-塀の中から届き続ける、この忌まわしい「手紙」という鎖を断ち切ってしまおうと。 


(c) ,Kanagawa Kenmin Kyosai. All rights reserved.