作品紹介 もっと詳しく知りたい かながわ県民共済

4月2日(水)~4月14日(月)
しゃべれども しゃべれども
(2007年/日/109分)
 
しゃべれども しゃべれども
2007『しゃべれども しゃべれども』製作委員会
監督 平山秀幸
出演 国分太一、伊東四朗
配給 アスミック・エース
 
INTRODUCTION

 97年度「本の雑誌」ベスト10第1位に輝いた佐藤多佳子の長編小説を、『愛を乞うひと』で日本アカデミー賞最優秀作品賞ほか数々の映画賞を総なめにした平山秀幸が待望の映画化。情緒溢れる東京の下町を舞台に、不器用な人間たちが、お互いを想い、共に成長し、新しい一歩を踏み出そうとする、人情と友情と愛情の物語。人間の、日本人の奥ゆかしさと暖かさにホロッと涙するような、優しく愛おしく爽やかな感動作がここに誕生した。

STORY

 古典を愛する二つ目の落語家・今昔亭三つ葉。思うように腕も上がらず、悩んでいる彼のもとに、「落語を、話し方を習いたい」とひょんなことから三人の変わり者たちが集まってくる。すこぶる無愛想で口下手な美人、勝気なためにクラスになじめない大阪から引っ越してきた少年、毒舌でいかつい面相の元プロ野球選手。ところが彼らは集まるごとに言い争い、なかなか落語も覚えない。そんな彼らをまとめなくてはならない三つ葉は、密かに想いをよせていた女性が来年結婚することを知り、また一つ、つまずいてしまう。
落語は上達しない。教室はうまくいかない。女にフラれた。どん底の三つ葉を救ったのは、尊敬して止まない師匠・小三文の十八番「火焔太鼓」だった。


(c) ,Kanagawa Kenmin Kyosai. All rights reserved.