作品紹介 もっと詳しく知りたい かながわ県民共済

8月20日(水)~9月1日(月)
エディット・ピアフ 愛の讃歌
LA VIE EN ROSE(2007年/仏・チェコ・英/140分)
 
エディット・ピアフ 愛の讃歌
(C)2007 LEGENDE-TF1 INTERNATIONAL-TF1 FILMS PRODUCTION OKKO PRODUCTION s.r.o.-SONGBIRD PICTURES LIMITED
第80回アカデミー賞主演女優賞・メーキャップ賞受賞
監督 オリヴィエ・ダアン
出演 マリオン・コティヤール、ジェラール・ドパルデュー
配給 ムービーアイ
 
 INTRODUCTION

愛を求め、愛に傷つき、愛を歌い続けた47年の人生 “あなたの燃える手で、あたしを抱きしめて…。”このフレーズは私たち日本人には馴染みの深い歌詞である。戦後の日本の歌姫、越路吹雪の代表曲である。そしてこの名曲「愛の讃歌」の生みの親が世界の歌姫エディット・ピアフなのである。

 STORY

1915年にピアフは誕生した。貧困の中で育ったが、天性の歌声は幼少期から周囲の人々を驚かせていた。その声に目をつけたのがパリの名門クラブのオーナー、ルイ・ルプレである。彼は、ピアフ20歳の時に出会い、彼女の歌声の虜となり、自らのクラブの舞台に彼女を立たせる事を決意する。この時ルイがつけた彼女の舞台名が“ラ・モーム・ピアフ(小さい雀)”。ここに歌姫エディット・ピアフという名が誕生し、そして世界に羽ばたいていく事になる。


(c) ,Kanagawa Kenmin Kyosai. All rights reserved.