作品紹介 もっと詳しく知りたい かながわ県民共済

10月29日(水)~11月10日(月)
ヴィーナス
Venus(2006年/英/95分)
 
ヴィーナス
(C)2006 Venus Pictures Ltd / UK Film Council / Channel 4 Television Corporation
監督 ロジャー・ミッシェル
出演 ピーター・オトゥール、レスリー・フィリップス
配給 ヘキサゴン・ピクチャーズ/シナジー
 
 INTRODUCTION

『ノッティングヒルの恋人』や『Jの悲劇』などで世界的な注目を集める、イギリス映画界の匠ロジャー・ミッシェルが名優ピーター・オトゥールを擁して紡ぎだす、ロマンチックでおかしく、愛しさにみちた人間讃歌。生きていることの哀歓、無常、切なさをリアルな映像のなかに散りばめながら、どんなかたちでも人と人との絆が培えることを美しく謳いあげていく。高年齢化社会を迎えた現代にふさわしい、大人のヒューマン・ドラマ。

 STORY

若い頃はもてはやされ、女性とのさまざまな浮名を流した俳優のモーリスも、もはや70歳代。成功したはずの俳優の仕事も最近まわってくるのは脇役ばかりで、俳優仲間のイアンと“お迎え”を待つ日々を送っている。そんな彼がイアンの姪ジェシーをみてときめいた。下品で無作法であってもこの若さの輝き、肌の張り。彼女こそわがヴィーナス、残りの人生を充実させてくれる生き甲斐だ!かくして、モーリスは邪険にされても相手にされなくても、なんのその。あらゆる手練手管を駆使してヴィーナスにアプローチ、彼女の“生の煌き”になんとか触れようとする・・・・・・。


(c) ,Kanagawa Kenmin Kyosai. All rights reserved.