作品紹介 もっと詳しく知りたい

かながわ県民共済

 

モンテーニュ通りのカフェ

(C)Copyright 2005 Thelema Films-StudioCanal-TF1 Films Production-Radis Films Production


モンテーニュ通りのカフェ

Fauteuils d′orchestre


2006/仏/ユーロスペース配給/106分

監督: ダニエル・トンプソン
出演: セシール・ド・フランス、ヴァレリー・ルメルシエ
INTRODUCTION

ドラマチックな人生のある数日を、暖かで品のあるユーモアに包み込み、愛に溢れた極上の人間ドラマとして昇華させたのは、監督のダニエル・トンプソンと、彼女の息子であり、フレデリックを演じたクリストファー・トンプソン。
実生活で母子となるふたりが書き記した、二世代の壁を乗り越えた脚本のなかで、踊るような見事な台詞が紡がれた。
これまでの彼女の監督した作品すべては、息子のクリストファーとの共同脚本によって製作されている。

STORY
パリ、8区のモンテーニュ通り。そこはパリのありとあらゆるエスプリで美しく彩られた場所。音楽、演劇、絵画、高級ホテル、有名メゾン、四つ星レストラン、由緒あるカフェ、そしてそこに集う人々。劇場では芝居がうたれ、クラッシックが演奏され、オークション会場を前にする“カフェ・ド・テアトル”には、さまざまな人生を抱える人々が集まってきた。
人生に悩み、それでも人生を愛そうとする人々が集う、そのカフェに、パリに憧れマコンからやってきたのが、ジェシカだった。

 

シネマホールトップページに戻る 県民共済トップページに戻る 閉じる
(c) ,Kanagawa Kenmin Kyosai. All rights reserved.