作品紹介 もっと詳しく知りたい

かながわ県民共済

 

パリ PARIS

(C)CE QUI ME MEUT-STUDIO CANAL-STUDIO CANAL IMAGE-FRANCE2 CINEMA


パリ PARIS

2008/仏/アルシネテラン配給/129分

監督: セドリック・クラピッシュ
出演: ジュリエット・ビノシュ、ロマン・デュリス
INTRODUCTION

セドリック・クラピッシュが描く、パリ。それは、切なくて、美しい、人生そのもの。

病に冒されたピエール、弟を案じて同居を始めるシングルマザーのエリーズ。彼らのアパルトマンのベランダから見えるパリの風景はいつもと変わりなく、人々は日々を懸命に生きている。ピエールの向かいに住む、美しいソルボンヌの大学生、彼女と関係を持つ歴史学者、彼の弟で「お前は普通すぎる!」と言われ悩む建築家、エリーズと恋に落ちるマルシェの八百屋、いつも文句ばかり言っているパン屋の女主人、日々を刹那的に楽しむファッション業界の女たち、カメルーンからの不法移民… パッチワークのように紡ぎだされ、クロスしていく何気ないパリジャン・パリジェンヌたちの日々。彼らのありふれた日常も、忘れられない出来事も、悲しみも喜びも、全てを包み込みながら、この街は今日も時を刻んでいる。

『PARIS パリ』は“パリで生きる人々”の寓話であるとともに、現代を生きる私たちの物語でもあるのだ。

 

シネマホールトップページに戻る 県民共済トップページに戻る 閉じる
(c) ,Kanagawa Kenmin Kyosai. All rights reserved.