作品紹介 もっと詳しく知りたい

かながわ県民共済

 

幸せはシャンソニア劇場から

(C)Cos Alenei


幸せはシャンソニア劇場から
Faubourg 36

2008/仏・チェコ・独/日活配給/120分

監督:クリストフ・バラティエ
出演:
ジェラール・ジュニョ、カド・メラッド
INTRODUCTION

舞台は、1936年パリ郊外、不況で借金の形に取り上げられ閉館してしまったミュージックホール・シャンソニア劇場。長年裏方を務めたピゴワルは、失業して泣く泣く息子と離れることに。しかし、仲間と力を合わせて劇場を占拠!別離、裏切り、ヤクザの脅しなど、様々な困難に遭いながらも、再び息子と暮らしたい一心で、懸命に劇場の再建に身を投じる姿が涙を誘います。あたたかい物語、なつかしい風景と素晴らしい音楽で本作はフランスで2008年130万人の動員をする大ヒットを記録。これによりラインハルト・ワーグナーの美しいメロディーの数々が新たな映画音楽の名曲として歴史に刻まれることになりました。
劇場の支配人を演じ、自らも歌声を披露するのは名優ジェラール・ジュニョ。そして、本作で新たなスターとして発掘された20歳の“歌う”新人女優ノラ・アルネゼデールが、その美貌と確かな歌声で大輪を添えています。

シネマホールトップページに戻る 県民共済トップページに戻る 閉じる
(c) ,Kanagawa Kenmin Kyosai. All rights reserved.