作品紹介 もっと詳しく知りたい

かながわ県民共済

ゲゲゲの女房

(C)2010 水木プロダクション『ゲゲゲの女房』製作委員会

ゲゲゲの女房

2010/日/ファントム・フィルム配給/119分

監督: 鈴木卓爾
出演: 吹石一恵、宮藤官九郎
INTRODUCTION
 「収入は月三万円、安定した仕事をしちょるそうな」と、お見合いからわずか5日で結婚。昭和36年、出雲の安来から上京した布枝が見たのは、花の東京とは無縁の、しげるの底なしの貧乏暮らしだった。
 貧しく厳しい時代に生きた夫婦の姿を綴った「ゲゲゲの女房」は、水木しげるの妻・布枝が綴る自伝エッセイ。しげるの妻・布枝を演じたのは、高い演技力を評価される吹石一恵。鬼才として名を馳せる水木しげるに扮したのは、舞台、映画、ドラマで脚本家、演出家としても活躍し続けている宮藤官九郎。優しさ溢れる方言やアニメーションで動き出す原画、日常に潜む妖怪の登場シーンも楽しみの一つである。昭和の懐かしい風景と共に紡がれる夫婦の歩みを、心ゆくまでお楽しみください。

 

シネマホールトップページに戻る 県民共済トップページに戻る 閉じる
(c) ,Kanagawa Kenmin Kyosai. All rights reserved.