人形劇団ひとみ座「まっぷたつの子爵」 横浜・みなとみらいのホール。組合員の皆様の健康と生き生きとした生活を応援するイベントを開催しています。

イベント

人形劇団ひとみ座「まっぷたつの子爵」

戦争で体がまっぷたつになってしまった子爵。左右べつべつに故郷の村にもどった子爵がまきおこす奇想天外な事件の数々!

人形劇団ひとみ座「まっぷたつの子爵」

日時
2018年8月25日(土)11:00、14:00
チケット

入場無料/抽選で600名様ご招待/3歳から入場可

申込締切

8月2日(木)必着  締め切りました
当選者には、入場券の発送をもってお知らせします。 (締切の翌営業日に発送予定です。)
お問い合せ/045-201-0812
月曜日~金曜日(祝日を除く)10:00~17:00




MEMO

原作/イタロ・カルヴィーノ『まっぷたつの子爵』岩波書店刊
脚本・演出/友松正人


ようこそ、動く展示会(エキシビション)へ――
パペット、だまし絵、影絵に飛び出す絵本。
多彩な美術を駆使して描く奇想天外なカルヴィーノの名作ファンタジー。


ぼくの叔父さんメダルド子爵は、イタリアの小さな村テッラルバの王様だ。
子爵はある時トルコとの戦争に参加し、大砲の弾に当たって左右まっぷたつに分かれてしまった。
奇跡的に助かり右半分だけの体になって村に帰ってくると、人が変わったように、森に咲く花やキノコをまっぷたつにしたり、村人を誰でも裁判で有罪にしてしまうようになった。
そこに遅れて左半分が帰ってきて、誰でも無罪にし始める。
それぞれ極端な〈悪〉と〈善〉の行動に村は大混乱だ――