新型コロナウイルス感染症における「みなし入院」の取り扱いについて

新型コロナウイルス感染症に罹患された組合員様、影響を受けられた組合員様に心よりお見舞い申し上げます。

神奈川県民共済生活協同組合(以下、「当組合」)では、令和2年4月より実施しております新型コロナウイルス感染症にかかる入院給付金等の特別な取り扱い(以下、「みなし入院」といいます)の対象となる方について、令和4年9月26日(月)より、以下のとおり見直します。



1.「みなし入院」の取り扱い

令和4年9月26日以降に、医師により新型コロナウイルス感染症と診断され、「みなし入院(自宅療養または宿泊療養)」をした場合、入院給付金等のお支払い対象者を重症化リスクの高い次の方とします。


<重症化リスクの高い方(みなし入院の対象となる方)>

65歳以上の方

入院を要する方

重症化リスクがあり、新型コロナウイルス感染症治療薬の投与または新型コロナウイルス感染症罹患により酸素投与が必要な方

妊娠されている方



<参考>新型コロナウイルス感染症と診断された場合のお支払範囲

ケース

医師による診断年月日

2022年
9月25日以前

2022年
9月26日以降

入院された場合
お支払対象
宿泊・自宅療養された場合
(特別な取り扱い)
重症化リスクの高い方
お支払対象
上記以外の方
お支払対象
×
お支払対象外

※9月26日以降の請求手続き方法の詳細は、こちらをご覧ください。

※上記のお取り扱いについては、今後の法令の改正等により変更となる場合があります。



2.特別な取り扱いを開始した経緯と見直しの理由

①当組合の入院給付金等は、「医師による治療が必要」であり、「自宅等での治療が困難」なため、「病院または診療所に入り」、「常に医師の管理下において治療に専念する」場合にお支払い対象となります。

②令和2年4月当時、新型コロナウイルス感染症に罹患され、病院または診療所への入院が必要であるにもかかわらず、病床ひっ迫等の事情により、入院をすることができない状況が発生しました。

③こうした中、当組合では組合員保護の観点から、医師等の管理下で自宅療養や宿泊療養を余儀なくされた場合も、「入院」と同等にみなし、入院給付金等をお支払対象とする特別な取り扱いを開始いたしました。

④今般、政府において、新型コロナウイルス感染症にかかる発生届の対象について、全国一律に、重症化リスクの高い方に限定することが決定されたことを踏まえ、令和4年9月26日以降のみなし入院のお取り扱い変更を行うことといたしました。

ご理解を賜りますようお願い申しあげます。