あなたにぴったりの保障選び

ご夫婦

大切なパートナーのため、まずは医療保障を重視しましょう。
がん・急性心筋梗塞・脳卒中に備える「三大疾病特約」を付加すると、さらに安心が広がります。
妻となる方は掛金を抑えながら、さまざまな病気やケガによる入院に備える「入院特約」もご検討ください。

令和2年2月1日現在の保障内容

ご夫婦2人で合計
月額共済掛金

5,600

 夫

 妻

主制度県民共済かがやき2000 2,000 主制度県民共済活き生き1500 1,500
+特約三大疾病特約 1,100 +特約入院特約 1,000
合計月額共済掛金 3,100 2,500
終期 75 注1 75 注2
お申込みができる年齢の範囲
(被共済者)

第1保障年齢層


18歳~満59

第1保障年齢層


18歳~満59
保障期間 18歳~60 18歳~60
入院
1日目から保障
日帰り入院可
(日額)
病気等
不慮の事故
交通事故
8,500 10,000

三大疾病入院


13,500
手術
日帰り手術可
(1回につき)
病気
不慮の事故
交通事故
5・2.5・1.25万円 10・5・2.5万円

三大疾病手術


25・12.5・6.25万円
通院 交通事故 - 750
死亡
高度障害
病気等一般 250万円 200万円
不慮の事故 500万円 400万円
交通事故 500万円 500万円
先進医療給付金 250万円限度 250万円限度
がん診断一時金 50万円 -

注1 75歳以降、主制度は85歳を迎えた年度の3月31日まで保障が継続されます。

注2 75歳以降、主制度は80歳を迎えた年度の3月31日まで保障が継続されます。

  • 手術給付金、先進医療給付金、がん診断一時金は本組合の支払要件に該当した場合にお支払いします。
  • がん診断一時金:保障開始日からその日を含めて90日を経過した後に、所定のがんと診断確定された場合。
  • 三大疾病特約の支払対象となる三大疾病とは、悪性新生物<がん>(上皮内癌、悪性黒色腫以外の皮膚癌を除く)・急性心筋梗塞(狭心症を除く)・脳卒中(脳血管疾患のうち、くも膜下出血、脳内出血、脳梗塞)をいいます。
    ※神奈川県民共済の三大疾病分類によります。

上記は、保障内容の一部を抜粋しています。なお、給付金額の一部には特約から支払われる金額を含んで表示しています。
詳しくは各共済制度のページをご覧ください。

あなたにぴったりの保障選び

ご夫婦

大切なパートナーのため、まずは医療保障を重視しましょう。
がん・急性心筋梗塞・脳卒中に備える「三大疾病特約」を付加すると、さらに安心が広がります。
妻となる方は掛金を抑えながら、さまざまな病気やケガによる入院に備える「入院特約」もご検討ください。
ご夫婦2人で合計月額共済掛金

5,600

 下記のタブを押すと
各保障内容が表示されます。
 

夫 3,100円

合計月額共済掛金

3,100

第1保障年齢層
お申込みができる
年齢の範囲
(被共済者)
保障期間

終期注1

18歳~満59 18歳~60 75


  県民共済かがやき2000
  +三大疾病特約
病気入院
(日額)
8,500
三大疾病入院
(日額)
13,500
手術
(1回につき)
5万円(最高)
三大疾病手術
(1回につき)
25万円(最高)
先進医療 250万円限度
がん診断一時金 50万円

注1 75歳以降、主制度は85歳を迎えた年度の3月31日まで保障が継続されます。


妻 2,500円

合計月額共済掛金

2,500

第1保障年齢層
お申込みができる
年齢の範囲
(被共済者)
保障期間

終期注2

18歳~満59 18歳~60 75


  県民共済活き生き1500
  +入院特約
入院
(日額)
10,000
手術
(1回につき)
10万円(最高)
交通事故通院
(日額)
750
先進医療 250万円限度

注2 75歳以降、主制度は80歳を迎えた年度の3月31日まで保障が継続されます。


上記は、保障内容の一部を抜粋しています。なお、給付金額の一部には特約から支払われる金額を含んで表示しています。

●手術給付金、先進医療給付金、がん診断一時金は本組合の支払要件に該当した場合にお支払いします。

●がん診断一時金:保障開始日からその日を含めて90日を経過した後に、所定のがんと診断確定された場合。

●三大疾病特約の支払対象となる三大疾病とは、悪性新生物<がん>(上皮内癌、悪性黒色腫以外の皮膚癌を除く)・急性心筋梗塞(狭心症を除く)・脳卒中(脳血管疾患のうち、くも膜下出血、脳内出血、脳梗塞)をいいます。
※神奈川県民共済の三大疾病分類によります。


*令和2年2月1日現在の保障内容