県民共済トップページ > 保障ラインナップ > 県民共済活き生き入院特約

特約県民共済活き生き入院特約

※1人の被共済者が同一の特約を二重に契約することはできません。
※主制度の「県民共済活き生き3000」「県民共済活き生き1500」のいずれかに付加してご契約ください。
※特約のみではご契約できません。
※既に「県民共済活き生き2000」にご契約の方も、付加してご契約することができます。

>>特約の付加(保障の充実)

月々1,000円でさまざまな病気・ケガによる入院に備えたい方に!

保障表
月額共済掛金 1,000

年齢にかかわらず月額共済掛金は一律です

お申込みができる
年齢の範囲
(被共済者)
18歳~満74
 終期  75

75歳に達した年度の3月31日 *主制度と終期が異なります。

平成31年1月1日現在の保障内容

県民共済活き生き入院特約 保障表

主制度に付加するとこうなります!

病気で入院した場合の給付金額

  • 合計月額共済掛金 4,000
    県民共済活き生き3000+入院特約

    ※75歳以降、主制度は80歳を迎えた年度の3月31日まで保障が継続されます。

  • 合計月額共済掛金 2,500
    県民共済活き生き1500+入院特約

    ※75歳以降、主制度は80歳を迎えた年度の3月31日まで保障が継続されます。

(注1) 60歳、65歳、70歳になられて初めて迎える4月1日以後は、保障内容が自動的に移行します。

(注2) 日帰り入院とは、入院日と退院日が同一で、入院料のお支払いがある場合をいいます。

*日本国外の病院・診療所等での入院は、支払対象とはなりません。

※お申込みに際しては、必ず重要な事項を説明していますパンフレット・契約概要・注意喚起情報および「共済契約 申込書」の記載内容をご確認ください。



パンフレット・契約概要・注意喚起情報

ご契約のしおり(平成31年1月版)  共済制度に関する大切な事柄を中心に説明しています。

給付例こんなときにお支払いします!

男性・45歳のとき、食欲不振と胃痛が続き、検査を受けたところ胃ガンと診断。16日間入院し、手術を受けた。

  県民共済活き生き3000 県民共済活き生き1500
  +入院特約 +入院特約
病気入院16日 21万6,000円 16万円
手術
(診療報酬点数20,000点以上)
20万円 10万円
給付金合計金額 41万6,000円 26万円

女性・35歳のとき、乳ガンと診断された。
7日間入院し、手術を受けた。

  県民共済活き生き3000 県民共済活き生き1500
  +入院特約 +入院特約
病気入院7日 9万4,500円 7万円
手術
(診療報酬点数20,000点以上)
20万円 10万円
給付金合計金額 29万4,500円 17万円

男性・39歳のとき、脳出血で69日間入院し、手術を受けた。

  県民共済活き生き3000 県民共済活き生き1500
  +入院特約 +入院特約
病気入院69日 93万1,500円 69万円
手術
(診療報酬点数20,000点以上)
20万円 10万円
給付金合計金額 113万1,500円 79万円

※厚生労働省「平成29年 患者調査」35歳~39歳(男性)、45歳~49歳(男性)、35歳~39歳(女性)の退院患者平均在院日数

*診療報酬点数は手術日現在によります。



ご存知ですか? 入院費用は、意外にかさむこともあります

特約県民共済活き生き入院特約


さまざまな病気・ケガによる 入院に備えたい方に

月額共済掛金 1,000

※年齢にかかわらず月額共済掛金は一律です。


お申込みができる年齢の範囲
(被共済者)
18歳~満74
 終期 
75

※終期:75歳に達した年度の3月31日。(主制度と終期が異なります。)

※特約のみではご契約できません。
主制度の県民共済活き生き3000・1500のいずれかに付加してご契約ください。

※既に「県民共済活き生き2000」にご契約の方も、付加してご契約することができます。
 >>特約の付加(保障の充実)

※1人の被共済者が同一の特約を二重に契約することはできません。

主な保障内容平成31年1月1日現在の保障内容


保障内容は保障年齢層により変わります。

 下記のタブを押すと
各保障年齢層の保障内容が表示されます。
 

保障期間 18歳~60歳 第1保障年齢層

入院(日額) 6,500

保障期間 60歳~65歳 第2保障年齢層

入院(日額) 3,500

保障期間 65歳~70歳 第3保障年齢層

入院(日額) 2,000

保障期間 70歳~75歳 第4保障年齢層

入院(日額) 1,500

●上記は、保障内容を抜粋しています。すべての保障内容をみる
●お支払金額は、支払要件や入院期間などに応じて決定します。

パンフレット・契約概要・注意喚起情報
ご契約のしおり(平成31年1月版)

お申込みに際しては、必ず重要な事項を説明していますパンフレット・契約概要・注意喚起情報および「共済契約申込書」の記載内容をご確認ください。


主制度に付加するとこうなります!


病気で入院した場合の給付金額(保障期間18歳~60歳)

県民共済
活き生き3000
日額
7,000円
入院特約付加で… 日額
13,500
   
県民共済
活き生き1500
日額
3,500円
日額
10,000

入院特約の付加により安心が大きくなります!



保障内容は保障年齢層により変わります。

 下記のタブを押すと
各保障年齢層の保障内容が表示されます。
 

保障期間 18歳~60歳 第1保障年齢層

  県民共済活き生き
3000
県民共済活き生き
1500
  +入院特約 +入院特約
合計月額共済掛金 4,000 2,500
病気入院
(日額)
13,500
10,000
交通事故
入院

(日額)
13,500
10,000

保障期間 60歳~65歳 第2保障年齢層

  県民共済活き生き
3000
県民共済活き生き
1500
  +入院特約 +入院特約
合計月額共済掛金 4,000 2,500
病気入院
(日額)
8,500
6,000
交通事故
入院

(日額)
8,500
6,000

保障期間 65歳~70歳 第3保障年齢層

  県民共済活き生き
3000
県民共済活き生き
1500
  +入院特約 +入院特約
合計月額共済掛金 4,000 2,500
病気入院
(日額)
4,500
3,250
交通事故
入院

(日額)
5,000
3,500

保障期間 70歳~75歳 第4保障年齢層

  県民共済活き生き
3000
県民共済活き生き
1500
  +入院特約 +入院特約
合計月額共済掛金 4,000 2,500
病気入院
(日額)
4,000
2,750
交通事故
入院

(日額)
4,500
3,000

●上記は保障内容を抜粋しています。
●75歳以降、主制度は80歳を迎えた年度の3月31日まで保障が継続されます。


給付例第1保障年齢層(保障期間18歳~60歳)の場合


45歳のとき、食欲不振と胃痛が続き、検査を受けたところ胃ガンと診断。16日間入院し、手術を受けた。

  県民共済活き生き
3000
県民共済活き生き
1500
  +入院特約 +入院特約
病気入院16日 21万6,000円 16万円
手術
(診療報酬点数20,000点以上)
20万円 10万円
給付金合計金額 41万6,000円 26万円

35歳のとき、乳ガンと診断された。
7日間入院し、手術を受けた。

  県民共済活き生き
3000
県民共済活き生き
1500
  +入院特約 +入院特約
病気入院7日 9万4,500円 7万円
手術
(診療報酬点数20,000点以上)
20万円 10万円
給付金合計金額 29万4,500円 17万円

39歳のとき、脳出血で69日間入院し、手術を受けた。

  県民共済活き生き
3000
県民共済活き生き
1500
  +入院特約 +入院特約
病気入院69日 93万1,500円 69万円
手術
(診療報酬点数20,000点以上)
20万円 10万円
給付金合計金額 113万1,500円 79万円

※厚生労働省「平成29年 患者調査」35歳~39歳(男性)、45歳~49歳(男性)、35歳~39歳(女性)の退院患者平均在院日数

*診療報酬点数は手術日現在によります。


よくあるご質問


県民共済とは? (1)全国初神奈川県で誕生した県民共済 (2)剰余金は割戻金として返戻 (3)加入後の組合員サービスが充実


おすすめプランはこちら

  • イチオシ! 入院・死亡などを保障 月額4,000円
  • 女性におすすめ 女性特有の病気に備える 月額掛金2,400円
  • お子様の保障! 0歳からお申込みOK! 月額掛金1,000円