県民共済トップページ > 保障ラインナップ > 県民共済活き生き3000・1500 > 特長

主制度県民共済活き生き3000・1500

※1人の被共済者が主制度を二重に契約することはできません。

県民共済活き生き
3000
県民共済活き生き
1500
3,000 1,500

年齢にかかわらず月額共済掛金は一律です

お申込みができる
年齢の範囲
(被共済者)
18歳~満75
 終期  80

80歳に達した年度の3月31日




入院・死亡・手術をバランスよく保障!
手術に備えたい方におすすめ


県民共済活き生き3000 月々3,000円 保障を充実させたい方に 県民共済活き生き1500 月々1,500円 掛金を抑えたい方に


主制度「県民共済かがやき」「県民共済活き生き」の違い

 
県民共済かがやき4000・2000 県民共済活き生き3000・1500
申込年齢の範囲
満18歳~満65歳 満18歳~満75歳
終期
85歳の3月31日 80歳の3月31日
特長
入院に備えたい方におすすめ
給付項目を絞り込んだシンプル設計で、
65歳以降も入院保障が充実!
手術に備えたい方におすすめ
ガンや女性特有の病気に備えるなど、
ニーズに応じた特約が付加できます!

主制度「県民共済活き生き」の特長

  • 特長1入院1日目から保障!
  • 特長2日帰り手術も保障!
  • 特長3健康保険が適用されない先進医療を保障!
  • 特長4死亡・高度障害など万一のときも保障
特長5保障を充実させる特約をプラスできます

プラス月々1,000円で“同居の家族が交通事故にあったとき”も保障する特約 マイファミリー特約

プラス月々1,000円でご家族も補償される 個人賠償責任保険

ご存じですか?
男性、女性ともにおおよそ約2人に1人が一生のうちにがんと診断されます!
先進医療は公的医療保険の対象とならないため全額自己負担となります。

主制度県民共済活き生き3000・1500


主制度「県民共済かがやき」「県民共済活き生き」の違い

 
県民共済かがやき4000・2000 県民共済活き生き3000・1500
申込年齢の範囲
満18歳~満65歳 満18歳~満75歳
終期
85歳の3月31日 80歳の3月31日
特長
入院に備えたい方におすすめ
給付項目を絞り込んだシンプル設計で、
65歳以降も入院保障が充実!
手術に備えたい方におすすめ
ガンや女性特有の病気に備えるなど、
ニーズに応じた特約が付加できます!

おすすめポイント

1.契約するときの年齢にかかわらず、掛金一律!

2.入院・手術・死亡などを保障!

3.入院は1日目から、日帰り手術もOK!

4.特約をプラスすることで保障をさらに充実!

月額共済掛金
県民共済活き生き
3000
県民共済活き生き
1500
3,000 1,500

※年齢にかかわらず月額共済掛金は一律です。


お申込みができる年齢の範囲
(被共済者)
18歳~満75
 終期 
80

※終期:80歳に達した年度の3月31日。

※1人の被共済者が主制度を二重に契約することはできません。

主な保障内容平成31年1月1日現在の保障内容


保障内容は保障年齢層により変わります。

 下記のタブを押すと
各保障年齢層の保障内容が表示されます。
 

保障期間 18歳~60歳 第1保障年齢層

  県民共済活き生き
3000
県民共済活き生き
1500
病気入院
(日額)
7,000
3,500
手術
(1回につき)
20万円
(最高)
10万円
(最高)
病気死亡 400万円 200万円
交通事故
死亡
1,000
万円
500
万円
先進医療 500万円
限度
250万円
限度

保障期間 60歳~65歳 第2保障年齢層

  県民共済活き生き
3000
県民共済活き生き
1500
病気入院
(日額)
5,000
2,500
手術
(1回につき)
12万円
(最高)
6万円
(最高)
病気死亡 150万円 75万円
交通事故
死亡
800
万円
400
万円
先進医療 300万円
限度
150万円
限度

保障期間 65歳~70歳 第3保障年齢層

  県民共済活き生き
3000
県民共済活き生き
1500
病気入院
(日額)
2,500
1,250
手術
(1回につき)
10万円
(最高)
5万円
(最高)
病気死亡 100万円 50万円
交通事故
死亡
200
万円
100
万円
先進医療 200万円
限度
100万円
限度

保障期間 70歳~75歳 第4保障年齢層

  県民共済活き生き
3000
県民共済活き生き
1500
病気入院
(日額)
2,500
1,250
手術
(1回につき)
6万円
(最高)
3万円
(最高)
病気死亡 50万円 25万円
交通事故
死亡
160万円 80万円
先進医療 100万円
限度
50万円
限度

保障期間 75歳~80歳 第5保障年齢層

  県民共済活き生き
3000
県民共済活き生き
1500
病気入院
(日額)
2,500
1,250
手術
(1回につき)
1万円 5,000
病気死亡 10万円 5万円
交通事故
死亡
160
万円
80
万円
先進医療 100万円
限度
50万円
限度

●手術給付金、先進医療給付金は本組合の支払要件に該当した場合にお支払いします。
●上記は、保障内容を抜粋しています。すべての保障内容をみる
●お支払金額は、支払要件や入院期間などに応じて決定します。

パンフレット・契約概要・注意喚起情報
ご契約のしおり(平成31年1月版)

お申込みに際しては、必ず重要な事項を説明していますパンフレット・契約概要・注意喚起情報および「共済契約申込書」の記載内容をご確認ください。


給付例第1保障年齢層(保障期間18歳~60歳)の場合


40歳のとき、高熱と激しい咳が続いて受診したところ、肺炎と診断された。11日間の入院ののち退院した。

  県民共済活き生き
3000
県民共済活き生き
1500
病気入院11日 7万7,000円 3万8,500円
給付金の金額 7万7,000円 3万8,500円

45歳のとき、食欲不振と胃痛が続き、検査を受けたところ胃ガンと診断。16日間入院し、手術を受けた。

  県民共済活き生き
3000
県民共済活き生き
1500
病気入院16日 11万2,000円 5万6,000円
手術
(診療報酬点数20,000点以上)
20万円 10万円
給付金合計金額 31万2,000円 15万6,000円

35歳のとき、乳ガンと診断された。
7日間入院し、手術を受けた。

  県民共済活き生き
3000
県民共済活き生き
1500
病気入院7日 4万9,000円 2万4,500円
手術
(診療報酬点数20,000点以上)
20万円 10万円
給付金合計金額 24万9,000円 12万4,500円

39歳のとき、脳出血で69日間入院し、手術を受けた。

  県民共済活き生き
3000
県民共済活き生き
1500
病気入院69日 48万3,000円 24万1,500円
手術
(診療報酬点数20,000点以上)
20万円 10万円
給付金合計金額 68万3,000円 34万1,500円

※厚生労働省「平成29年 患者調査」35歳~39歳(男性)、40歳~44歳(男性)、45歳~49歳(男性)、35歳~39歳(女性)の退院患者平均在院日数

*診療報酬点数は手術日現在によります。


+特約をプラス!


月々1,000円 入院特約 月々1,000円生命特約 月々1,100円 三大疾病特約 月々900円 女性医療特約

※「三大疾病特約」と「女性医療特約」はいずれか一つをお選びください。


マイファミリー特約
(月々1,000円) 交通事故に備える保障

個人賠償責任保険
(月額保険料140円)


よくあるご質問


県民共済とは? (1)全国初神奈川県で誕生した県民共済 (2)剰余金は割戻金として返戻 (3)加入後の組合員サービスが充実


おすすめプランはこちら

  • イチオシ! 入院・死亡などを保障 月額4,000円
  • 女性におすすめ 女性特有の病気に備える 月額掛金2,400円
  • お子様の保障! 0歳からお申込みOK! 月額掛金1,000円